学校法人聖心女子学院学校法人聖心女子学院

文字サイズ

国内姉妹校との交流

学年を越えたつながりを大切にしながら、さまざまな活動に取り組んでいます。国内姉妹校の高校生が主体となり、共生をテーマに活動を続ける「SOFIS(ソフィス)」の他、「富士登山」「スポーツ交流」「聖心インターナショナルスクール生徒の札幌聖心中学体験」「聖心インターナショナルスクールへの国内留学」「聖心女子大学教授の出張講座」など多岐にわたります。姉妹校生の連携が深まり、より積極的に関わる姿勢を身につけます。

SOFIS(姉妹校高校生の連携)

社会意識の向上をめざして、1997年に発足した姉妹校高校生の連携活動です。5校のイニシャルをとってSOFISと名づけられました。毎年、国内や地球規模の課題について学びを深め、具体的な行動につなげるためのワークショップを実施しています。

SOFISの目標

  • ①交流を通して、聖心の生徒としての意識を深める。奉仕活動、国際交流等について分かち合い、社会意識を高めていく。
  • ②社会の出来事に対して高校生として何ができるか、また、将来何ができるかについて考える。
  • ③姉妹校で連携して活動に取り組むための基盤を作る。
  • ④新しい時代を担う聖心の生徒として、どのようにあるべきかを考える。
  • ⑤世界の姉妹校との交流を目指して、積極的に働きかけていく。

これまでに取り組んだテーマ例

環境/難民/平和・様々な文化理解/水について/災害援助のあり方について考える/多文化共生/他宗教への理解/東日本大震災の被災地を訪ねて/先住民族の問題と共生について/自然との共生 など

その他の国内姉妹校交流

女子の発達段階に応じた学びは、少人数での一貫教育の利点であります。児童・生徒・学生のつながりはもとより、教員間での情報共有や教育課題の連携、高大接続を含め、聖心女子学院教育ネットワークでの「学びの輪」を強めています。

PAGE
TOP
MENU